ホーム会員のみなさま > 道路交通法改正

道路交通法改正

平成14年6月1日施行

悪質・危険な運転行為の罰則が強化され、平成14年6月1日から施行されます。

交通事故・交通違反に付される点数について

  1. 違反行為の基礎点数
    違反行為の種別 現  行 改正後
    酒酔い運転 15点 25点
    共同危険行為等禁止違反 15点 25点
    無免許運転 12点 19点
    過労運転等 6点 13点
    酒気帯び運転(0.25mg以上 6点 13点
    酒気帯び運転(0.15mg以上) 新 設 6点
    (注)このほか、酒気帯びで速度超過等が引き上げられます。

  2. 交通事故の場合の付加点数
    違反行為の種別 現  行 改正後
    死  亡 大きな不注意がある場合 13点 20点
    上記以外 9点 13点
    (注) 傷害の程度が3か月未満の場合も、9点~2点が付加されます。

  3. ひき逃げの場合の付加点数
    違反行為の種別 現  行 改正後
    危険運転致死傷罪の場合
    (従来は殺人又は傷害)
    新設
    (35点)
    45点
    上記以外の場合 10点 23点
    危険運転致死傷罪については、こちらから

  4. 処分基準点数 (過去に取消・停止等の処分前歴がない場合)
    停止処分 取消処分
    1年間 2年間 3年間 4年間
    6~14点 15~24点 25点~34点 35点~44点 45点以上

 

悪質・記念な運転行為の罰則規定

  1. 救護義務違反(いわゆる「ひき逃げ」)
    救護義務違反(いわゆる「ひき逃げ」)
  2. 飲酒(酒酔い)運転
    飲酒(酒酔い)運転
  3. 飲酒(酒気帯び)運転
    飲酒(酒気帯び)運転
    ※ 罰則の対象となる酒気帯び(アルコール)の程度も引き上げられ(厳しく)なります。
    酒気帯び
  4. 共同危険行為(いわゆる「暴走行為」)
    共同危険行為(いわゆる「暴走行為」)
  5. 過労運転等(過労、病気、薬物等の影響で正常な運転ができないおそれがある状態)
    過労運転等(過労、病気、薬物等の影響で正常な運転ができないおそれがある状態)
  6. 無免許運転
    無免許運転



トラックは暮らしを支えるライフラインアニメでみるくらしと産業「もしもトラックが止まったら」