陸災防熊本県支部

陸上貨物運送事業労働災害防止協会 熊本県支部

陸運労働災害防止協会とは

  • 陸上貨物運送事業労働災害防止協会(略称:陸災防,陸運労災防止協会)は、労働災害防止団体法に基づき、陸上貨物運送事業を営む事業主及びその事業主の団体を会員として企業の自主的な労働災害防止活動の促進を通じ、労働災害の防止を図ることを目的として、労働災害防止団体法に基づき、昭和39年8月に設立された団体です。

協会事業のあらまし

  • 年度当初に労働災害防止重点対策を定めた「事業計画」を策定し、会員事業場に周知徹底するとともに関係行政機関、関係事業者団体等とも密接な連携を持ちながら諸対策の実施に努めています。

各種講習会のご案内<熊本労働局長登録教習機関>

各種講習会のご案内<熊本労働局長登録教習機関>

陸災防熊本県支部からのお知らせ

  • 陸災防熊本県支部の業務時間等

    業務時間:午前8:30~午後5:30まで(12:00~13:00を除く) 
    業務は、月曜日から金曜日です。(土日は、お休みとなっております。)

  • 修了証の再発行について

    1.陸災防熊本県支部にて発行した修了証を紛失・書替え等により再発行をご希望される際には、次の手順となります。(約3週間ほどお時間がかかります)

        (1) 仮申請書(PDF)を陸災防熊本県支部事務局までFAX(096-369-1194)

        (2) 陸災防熊本県支部より、ご本人に対して、確認のご連絡をいたします。

        ※  確認のご連絡後に、正式な再交付申請書を現金書留にてご郵送ください。

         正式な再交付申請書(PDF) (必ず事務局からの連絡を行った後にお願いします。)

        ※ 平成29年4月1日から、労働安全衛生規則等の一部を改正する省令が施行されたことに伴い、再交付申請書類への本籍地の記載が不要となりました。
        申請書は、上記の新書式をお使いください。

     

    2.陸災防熊本県支部以外で発行した修了証の再発行をご希望される場合は、こちらの団体のホームページからご確認ください。(陸災防熊本県支部では再発行が出来ません。)

     

  • フォークリフト運転技能講習に関するQ&A

    陸災防が行っておりますフォークリフ運転技能講習において、よるある質問と回答を掲載します。

    Q1.申込みに必要なものは何ですか?
    A1.申込書(PDF)に免許証のコピーをつけ、写真(縦3㎝×横2.4㎝)1枚とクリップ留めしてください。
    なお、現住所と免許証の住所が一致しているか必ず確認してください。一致していない場合には住民票をご提出いただきます。

    Q2.フォークリフト申込書の下段に記載欄のある「事業者の証明」は必ず必要ですか?
    A2.1トン未満の特別教育修了証を持っている場合のみ証明が必要です。
    持っていなければ、証明は不要です。

    Q3.講習料金はいくらでしょうか?また講習時間はどうなっていますか?
    A3.講習料金等は次のとおりです。(テキスト代を含んでいます)

        (1)大型特殊免許保有者(農耕車限定を含む)
        特別教育修了者(普通免許以上保有者)※1  →講習料金は、21,060円(税込)→講習時間は11時間(2日間)
        (2)大型・中型・準中型・普通免許保有者
        大型特殊免許(カタピラ限定つき)      →講習料金は、30,780円(税込)→ 講習時間は31時間(4日間)
        (3)自動車免許を取得していない方
        (自動二輪も含む)※3           →講習料金は、32,940円(税込)→ 講習時間は35時間(5日間)※2

        ※1 特別教育修了者は、別途証明書(PDF)が必要です。
        ※2 自動車免許なしの方を対象とした走行学科(4.0H)の講習は、年に2回(8月、12月)予定しています。
        こちらの学科講習を修了後に修了証の交付となります。
        ※3 自動車免許を所持していても免停中であれば、35時間講習になります。

    Q4.フォークリフトの修了証を紛失しましたが、再交付ができますか?
    A4.講習を陸災防熊本県支部で受けている場合には、当支部で再発行できます。
    修了証再発行用紙(PDF)に必要事項を記入し、当支部あてFAXしてください。
    その他の機関での受講の場合には、受講された機関に対してご連絡ください。再発行までには、一、二週間程度かかります。

    Q5.申込後の講習料金の振込先がわかりません。
    A5.受講開始日のおよそ10日前に受講通知書を送付いたします。書類に記載された指定の
    金融機関の口座へご入金ください。 なお、振込手数料は、受講者負担でお願いいたします。

    Q6.朝は何時までに集合すればいいのですか?また終了予定時間は何時ですか?
    A6.熊本会場の場合 学科(初日)は朝8:20集合 8:30講習開始です。また終了は17:30の予定です。
    実技(2日目以降)は朝7:50集合 8:00講習開始です。また終了は17:00の予定です。また、集合時間に遅刻されますと受講ができません。
    但し、受講者の習熟度により多少時間が前後する場合がありますので、ご了承ください。

    Q7.受講のみで、修了証がもらえるのですか?
    A7.学科、実技それぞれに修了試験があります。どちらにも合格された場合に修了証の発行となります。

     

  • 熊本県の最低賃金≪762円≫に改定されました。

    この最低賃金は、県内すべての事業所、使用者、労働者に適用されます。(平成30年10月1日から)

    詳しいお問合せは、熊本労働局労働基準部賃金室(096-355-3202)

    又は最寄りの労働基準監督署にお尋ねください。 

    熊本労働局へは、こちらからどうぞ。

  • 熊本労働局「第13次労働災害防止推進計画」の周知について

    上記について、熊本労働局から事業者、労働者の皆様へ周知の依頼がきております。

    推進計画は、今後5年間の熊本県内における労働災害防止対策の重点事項等を示したものであり、厚生労働省計画における「それぞれの事業場において、一人の被災者も出さない」という基本理念の下、事業者、労働者、発注者、関係事業者団体、商工関係団体、労働災害防止団体等の方々に、「安心して健康に働くことができる職場」実現のために取り組んでいただく必要があるものです。→詳しくはこちらをご覧ください。

  • 各種ご案内

    ■事務所その他の作業場における労働者の休養、清潔保持のための事業場が講ずべき必要な措置の徹底について

    皆様に御理解いただき、御協力よろしくお願いいたします。詳しくは、こちらをご覧ください。

    ■粉状物質の有害性情報の伝達による健康障害防止のための取組

    上記について、熊本労働局より通知が通知がきております。

    標記につきまして、粉状物質の有害性情報の伝達に関する取組の趣旨を御理解いただき、傘下会員、事業所等に対する周知にご協力を賜りますようお願い申し上げます。詳しくは、こちらをご覧ください。

    ■フォークリフト荷役技能検定2級(リーチ式)等実施についてのご案内

    →詳しくは、こちらをご覧ください。

    ■クレーン又は移動式クレーンの過負荷防止装置構造規格等の一部改定について

    →詳しくは、こちらをご覧ください。

    つり上げ荷重が3トン未満の移動式クレーン等について

    治療と仕事の両立支援対策の推進について

    働き方改革実行計画 「病気の治療と仕事の両立を社会的にサポートする仕組みを整え、病気を患った方々が生きがいを感じながら働ける社会を目指す」

関連リンク

  • 熊本労働局
  • 陸上貨物運送事業労働災害防止協会本部
  • 技能講習修了証発行事務局