ホームトピックス

トピックス

雇用保険手続きにおけるマイナンバーの取扱いについて

 今般、熊本労働局より、雇用保険手続きにおけるマイナンバーの記載について、周知依頼がございました。
現在マイナンバーの記載率は徐々に上昇してきているものの、熊本労働局においては、本年5月時点で、資格取得届で40.8%、資格喪失届で22.8%の記載率となっており、未だ低調となっております。また本年7月からほかの行政機関との情報連携が開始された場合、今後各種手続きを行うこととなる被保険者(過去に被保険者であた者を含む)の円滑な手続きを阻害し、業務に支障をきたすおそれがあります。
 つきましては、雇用保険の届け出において、マイナンバーの記載をすることは、義務ですので、何とぞご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

トラックは暮らしを支えるライフラインアニメでみるくらしと産業「もしもトラックが止まったら」